男性が「優しさ」をアピールするためには

「女性が交際相手に求める条件」として常に上位にあがるのが「やさしさ」です。婚活でも「やさしい人」は理想の男性像の定番といっていいでしょう。結婚条件にもなるこの「やさしさ」「やさしい人」を多くの女性が求めていながら、しかし当の男性はそれを自覚していない、何が「優しさ」か理解できていないというケースが大変多いのが実情です。

女性がそれを求めているのに男性はそれがどういうことかわかっていないというのでは、うまくいくはずがありません。ではその「やさしさ」とは何か。端的にいえばそれは「愛」です。男性が女性に与える愛の量が、女性が男性に期待する「やさしさ」の評価基準になるのです。表面的ではない愛を女性は求め、本質的な愛の表現である優しさを女性は期待しています。ところが、男性の側はそれに無頓着。理解しないというより理解できない男性が多く、「やさしさって、何? 愛って何?」ととまどうケースがほとんどです。

それでは何が「やさしさ」なのか。具体例を3つあげましょう。

レディファースト

欧米の生活スタイル、生活マナーであるレディーファーストですが、これだけ欧米様式が浸透した日本でも、これを実践できる男性はまだまだ少数派のようです。ほんの小さなこと、ちょっとした行動ですが、それだけにこれが実践できる男性は女性から一目おかれることになります。
その根底にある心は「女性を尊重し、女性を優先する」こと。どんなに小さな行動、しぐさでも女性は見ています。男性は「つねに見られている」という意識を持って、レディファーストを心がけることが必要です。

車道側を歩く

男女2人で道を歩くとき、男性が車道に近いほうを歩くのが常識。つまり車道側が危険だからです。その元にあるのは「男が女を守る」という騎士道精神でしょう。
ちょっとしたことですが、ここに気がつくかつかないかでは女性の評価は違ってきます。覚えておいて損はないでしょう。

連絡はマメに

女性は男性に「マメな連絡」を期待するものです。たとえば3日に1度、長いメールを送るよりも、短いメールを毎日送ったほうが、多くの女性はよろこぶのです。婚活でもこのマメさがないと、女性からの信用は得られません。

以上、1つ1つは細かいことのようですが、特に婚活で交際をスタートしたばかりという段階では、こうした小さなことが実は有効な「優しさ」のアピールになるのです。テクニックというだけではなく、その根底にはつねに「愛」があることをお忘れなく。

女性が男性に求める優しさ

↓人気の婚活・恋活サイトランキングはこちら↓