結婚に早くたどりつくために~「急がば回れ」の論理

結婚観は人それぞれ。結婚のタイミングについても1人1人考え方がちがうのは当然でしょう。しかし、婚活中の人は「結婚」をテーマに活動しているわけですから、「早くゴールインしたい」というのが、共通認識なわけです。そもそも、「早く結婚したい」と思えばこその婚活であるわけです。特に、年齢や家族の状況によって結婚を感がざるを得ない人にとっては、「ゴールインの早さ」は切実な問題にちがいありません。では、実際にどうしたら早くゴールにたどりつけるのか、ということについて考えてみたいと思います。

婚活中の人は、早く結果を出すためにみな悩んでいます。たとえば、「婚活パーティと結婚相談所では、どちらが有効なのか」「昔ながらの1対1のお見合いが意外に有効という話を聞いた」「けれど、参加者が真剣に結婚を考えている婚活パーティも実効性がありそうな気がする」などなど。今は選択肢が多いので、その分、迷い悩むケースも多くなっているようです。

極論すれば、早く結果を出す秘訣は「結婚願望のできるだけ強い相手をみつけ、選ぶこと」です。たとえば、結婚相談所は入会金などが高額で、スタート地点に立つためのハードルが高いので、結婚願望が強い人が利用する傾向があります。だから結婚相談所は期待できる、ということができるかもしれません。

けれど本当に大切なのは、相手と出会ったその瞬間に、「結婚したい」と思えるかどうかでしょう。これが鍵です。いくら条件が良くても「この人!」と心がときめかなければ、結婚にいたることはありえません。

では、どうするか。それは、できるだけ多くの人と出会うことです。つまり、可能性を広げるのです。チャンスが多ければ多いほど、早く「実」を手中にできるというわけです。
ですから私は、婚活を「社交場、人と交わるサロン」と考えて、まずは人との出会いと楽しむことをおすすめします。

婚活をする人の多くは、「日常の生活、仕事環境ではなかなか出会うチャンスがない」と言います。たしかに職場の人間関係と、ほとんど寝に帰るだけの自宅という状況では、出会いのチャンスはかなり限られるでしょう。だからこその「婚活」であるわけです。チャンスは多ければ多いだけいい、と断言できます。多くのチャンスから最良の選択ができるのですから。また同時に、多くの経験を積むことで自然と自分が磨かれ、その結果として最良の相手が見つかるというケースもあるのではないでしょうか。

ですから「早く結婚したい」と思うのなら、「急がば回れ」。地道な努力、経験を積み重ねることが、結局は一番の近道なのだと思います。

男性が望むこと、ホンネ

↓人気の婚活・恋活サイトランキングはこちら↓