何を求めるかを再確認してから婚活を

婚活を継続して行っていると、ただ単に「結婚」が最終目標になっているだけで、なぜ結婚するのかという大切な部分を忘れてしまう事があります。結婚に求めるものは何か、どうして結婚したいのか、それが分からなくなり疑問を持ち始めてしまった場合は、再度「結婚」についてよく考え直してみてください。

婚活は結婚するための活動ですが、活動の成果を出す為に、結婚する事が義務となっていませんか。婚活が業務的になってしまっては、良い結婚相手にも巡り会えません。

感じの良い相手に出会うチャンスがあっても、その先に発展する事ができない。順調と思っていた関係だった相手からの反応がイマイチ良くなかった。こういったケースは、結婚相手として考えた時にこの人でいいんだろうかと疑念を抱いてしまっているからではないでしょうか。

心のどこかで、結婚相手としてもっと最良のパートナーが見つかるのではないかと、見えない期待と疑念が浮かんでしまう事は婚活中にはよくあることです。

しかし、そういった疑念を抱く事が、結婚を現実的に考えられなくなっている大きな原因ともいえます。婚活をしていると、多くの人に出会うことができますが、常に良い出会いがあるとは限りませんのでそれを忘れないでください。

一期一会とはよく言ったものですが、まさにその言葉通りで、一度の出会いを大切にしないと婚活は一向に進まないのです。良い感じの人がいたが、結局相手にしなかった。これはせっかくの出会いを無駄にしてしまっていると言えます。

少しでも感じが良い、興味をもったのであれば二人で会ってみる機会を作るべきです。同じような人がまた見つかるだろうと思っている限り、一生結婚には辿りつけません。人間は一人一人オンリーワンで、同じ人間はいないからです。

婚活に行き詰っていると感じていたら、まず出会いのチャンスを逃していないか振り返ってみてください。次がある、とタカをくくっていると、あっという間に時間だけが過ぎてしまいます。

理想や条件だけで結婚を考えていないかどうかについても自分に問いかけてみましょう。現実的に結婚そのものについて考えてみることが大切です。探せばもっと理想の相手がみつかるはずだ、と考えている限り結婚はできません。

今、目の前に相手がいるのであれば、その人との出会い自体を大切にしましょう。相手と直接向き合うことで、自分の知らなかった部分を知る事もできますし、そこから新しい発見もあります。最終的にその相手と結婚に結びつく事も、すべては自分次第なのです。

そして、結婚もその後の結婚生活もお互いの努力が試される事になります。自分も含め、完璧な相手は存在しません。お互いにとって良いパートナーになれるかどうかは、その後の努力次第で変わっていくものです。

たくさんの人に出会っても、最終的に結婚する相手は一人だけです。結婚を現実的に受け入れ、よく考えた上で、婚活でのチャンスを無駄にしないようにしましょう。

女性が男性に望むこと

↓人気の婚活・恋活サイトランキングはこちら↓