女性が男性に求める要素とは

今度は女性の場合をお話しましょう。男性よりも女性のほうが、結婚相手に望むものはずっと多様で、個人差も大きいでしょう。それだけに慎重に考えないと、好ましくない条件提示をしてしまい、その結果、良い「縁」が結べないということにもなりかねません。

たとえば「家事負担」を結婚条件にあげる女性がいます。たしかに今は共働きがあたりまえの時代、家事を夫婦で分担するのも一般的になってはいます。けれど最初から「家事負担」を求められると、男性は腰が引けてしまうものです。「家事負担」を「心の負担」と感じてしまうのです。それに実際には、夫に多くの家事負担を求めていないという女性も少なくないように思います。いずれにしても、婚活の段階で「家事負担」を条件にしてしまうのは、デメリットのほうが大きいといえるでしょう。

女性が結婚相手に望むものとして、一番多いのは、やはり男性の安定した収入です。将来の出産や子育てを考えると、現在仕事をしている女性でも休職、あるいは退職ということも想定しないわけにいきません。そうなれば当然、夫の収入だけで生活することになります。男性の収入を最大の結婚条件と考えるのは、あたりまえの心理といていいでしょう。特に今は長引く不況で、不安定な時代です。高収入よりも安定収入を重視する女性が増えているのはそのためだと思います。ハイステイタスな男性が参加する婚活パーティが人気なのも、同じ理由と考えていいでしょう。

なんだかあまりに現実的な話になってしまったようですが、しかし結婚は「おとぎばなし」ではなく、あくまで「現実の生活」です。夫の収入はその「現実」を成立させる前提条件なのです。女性にとっても、お金に対する計画性が結婚には必要になってきます。たとえば、まずきちんと貯蓄をしてから出産する、という計画性です。金銭面から考えても、無計画な出産や「できちゃった婚」は避けるべきなのです。

女性が結婚相手に望むものとして、もう一つ「健康」があげられます。健康イコール「働けること」。夫が病弱では、収入面で大きな不安を抱えた結婚生活になってしまいます。また、子孫を残すという観点からも、夫は健康でなくては困ります。より優秀な遺伝子を求めるのは、女性の本能といっていいかもしれません。ですから現実の生活の面からも、女性の本能という観点からも、健康は重要なファクターなのです。

私は「現実の結婚生活をリアルに想像してみること」を、婚活中の女性におすすめしたいと思います。「この相手と結婚したら、どんな生活になるのだろう」ということを、真剣に、できるだけリアルに想像してみるのです。そうすれば、その相手を選ぶべきかどうかの判断は、おのずとできるはず。ハードルを上げるという意味ではなく、あくまで現実的に考えることが、結婚の成功への鍵だと思うからです。

結婚に最低限必要なことなど

↓人気の婚活・恋活サイトランキングはこちら↓