プロフィールと直接会うときの自己アピールは何が違う?

わたしたちのだれも人から悪く思われたくありません。そして恋活をするならなおのこと、お相手の人によい印象をもってもらいたいです。例えば、恋活アプリや他のサイトを利用する時に、プロフィールを書くことがありますが、どんなことを書いたらいいでしょうか?

または、恋活パーティーなどで直接お相手を探す際に自己紹介をしますが、どうすれば上手に自己アピールできるでしょうか?プロフィールなど書面で自己アピールをする時と、実際に会って自己アピールをする場合では、注意する点が異なります。では、最初にプロフィールを書く際に自己アピールするカギを見てみましょう。

ていねいさと明快さで差がつくプロフィールでの自己アピール

プロフィールの部分は自由に書けることが多いので、何を書いたらいいのか悩むことがあるかもしれません。絵文字を多用したり、くだけた言葉遣いをするなら、軽いという印象を持たれてしまうかもしれないので注意が必要です。逆に、あまりに堅苦しい言葉遣いなら、就活のプロフィールのようになります。それでていねいで親切な言葉遣いでプロフィールを書くなら、あなたのことをもっと知りたいという気持ちになることでしょう。

また、感謝の気持ちのこもったプロフィールも、恋活のお相手の方によい印象を与えます。別の要素として、明快な自己アピールも大切です。自己アピールの際に、どんな価値基準を大切にしているか、どんなお相手が理想的だと考えているのか相手の方から見て明快なら、出会いの機会を有効に活用する助けになります。では実際に恋活のお相手と会うときには、どんなことに注意できますか?

笑顔やゆっくりわかりやすい話し方は大切な自己アピールの方法

実際に恋活でお相手の方と会うときは緊張することが多いかもしれません。人数の多いパーティーでは、相手の方の印象に残ってほしいと思うものです。ただお相手の印象に残りたいのであれば、話すことや外見に注意を払うことは大切です。しかし、本当に大切なのは、内面の美しさですね。では内面の美しさはどのように表れるでしょうか?わたしたちは、人と会うときにその人の話すことだけでなく、その時の相手の表情、話し方に影響を受けるものです。

どんなによく準備された自己アピールでも、表情を変えずに、冷たい話し方をするなら、あなたの本当の人となりを知ってもらうことは難しくなるかもしれません。むしろ、話すときに笑顔で、ゆっくりわかりやすく自己アピールするなら、あなたの本当の人となりを知りたいというきっかけづくりになることでしょう。

だれでも自分のことをよく見てもらいたい、本当のわたしのよさを見てもらいたいと思います。でも残念ですが、わたしたちは人の心の中を見ることはできません。どうしても第一印象に頼らなければならない時があるのは事実です。お相手に少しでも私のことを知ってもらいたいという気持ちが芽生えるよう、自己アピールの仕方に注意できます。わたしたちの話し方やちょっとした気遣いによって、さりげない、お相手にやさしい自己アピールを心がけてみるのはいかがでしょうか?