30代の恋活は相手も探しやすく結婚に結びつきやすい!?

30代を超えてから結婚相手を探す、恋人を探すのはなかなか難しい、厳しいと感じている人がほとんどです。そのデータのひとつとして日本人の平均初婚年齢があります。男性は31歳、女性は29歳となっています。つまり、30代に入ってから恋活をしているようでは平均初婚年齢を過ぎてしまっている、ということになってしまいますね。

しかし、実際に自分の周りを見てみれば分かると思いますが、30代を超えて結婚していない人は結構たくさんいますよね。それだけ晩婚化が進んでいる証拠だと言えるでしょう。

30代は働き盛りなので仕事は忙しいし、それなりに責任のあるポジションに就いていることが多いので恋活をしている場合ではない、と思う人もたくさんいらっしゃると思います。しかし、実は30代の恋活はかなり有利に運べる部分がたくさんあるんです。

経済的余裕


30代の恋活になってくるとほとんどの人は「結婚を前提に」なってくると思います。もちろん相手も結婚を前提にした恋人探しをしている可能性が高いわけです。そしてここで有利に働くのが「経済的な余裕」になります。

20代の頃はまだまだ貯金も少なく、給料もそこまで多くない、何より遊びたい年頃だからお金はいくらあっても足りない…ということはなかったでしょうか。しかし30代にもなってくると、ある程度貯金はできてきますし、給料も20代の頃と比べればかなり上がっていることでしょう。

どれだけモテる人でも経済的に余裕がなければ結婚まで至らないことは多々あります。特にこれは男性の方が顕著に表れています。女性の場合だと、そこまでお金に余裕がなくても男性が稼いでくれるから心配しなくても大丈夫、と考える人もいるかもしれませんが、男性だとそうはいきません。

となると、まだまだ元気だし、仕事にも精を出せる、経済的な余裕もある、人間として円熟し始める30代は結婚相手としてなかなか魅力的な部分がありますね。

結婚に至りやすい

先述した通り、30代の恋活=結婚に結びつけて考える人がほとんどです。ですので、30代同士の恋活だとほぼ「婚活」に近いものがあります。要するに、お互い結婚を前提に付き合うケースに発展しやすいわけです。

そうなると、ある程度お付き合いを進めていく上で、お互い常に結婚を意識することになります。そうなると「この人と結婚したらどうなるだろうか」を考えることになりますよね。

ウマが合えばすぐに結婚に至りやすいのも30代の恋活も特徴だといえます。

社会的にも有利になるかも?

何となくピンとくる人も多いと思いますが、恋人がいる人といない人とでは社会的な見られ方が変わってきますよね。特に女性はそれを実感しやすいのではないでしょうか。

「30代になるのにまだ恋人もいないの?」「性格に問題があるんじゃない?」「恋人も結構もしていないような人に大事な仕事を任せられない」という意見は一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。

「仕事ができれば関係ないでしょう」と思うかもしれませんが、日本人だけに限らず、人間というのは相手のステータス、属性をみて判断する部分が少なからずあります。恋活して恋人を手に入れることで社会的にも認められやすくなり、これが色々と有利に働いてくれる可能性は十分あります。

まとめ

 

ということで30代の恋活はなかなかタイミングとしては悪くないと判断できないでしょうか。人によっては「今更恋活しても…」と思うでしょう。しかし、似たような境遇の人、そして同じような考え方をしている人は思いのほかたくさんいるものです。そういった人たちと出会うチャンスがある、と考えると恋活を始めてみる価値はないでしょうか。