デートから本格的交際への流れ

「本格的な交際につながるための初デート心得」
 
初デートは今後の交際、結婚にいたるまでの鍵となる1日になるはずです。このスタートにつまずかないよう、下記のポイントに注意して是非初デートを成功させてください。
 

事前連絡から初デートは始まっています

流れ1
デート前からお相手とマメに連絡を取り合うようにしてください。デートのセッティングのためにも連絡の機会は多くなるはず。これをチャンスと捕らえ、積極的なコミュニケーションを図りましょう。
 
ここでお互いに良い印象を持ったまま当日を迎えることができれば、お会いした際の外見に少々の見劣りがあっても、連絡時に感じた人柄のよさで充分カバーすることができます。事前連絡が日時・待ち合わせ場所のみの事務的なもので終わってはもったいないですよ。
 

 

待ち合わせ場所は分かりやすさがポイント

流れ2
指定する待ち合わせ場所は、誰でも見つけることができるわかりやすい所をえらびましょう。
 
人ごみの中での待ち合わせは、人が多すぎてお相手があなたを見つけられない場合があります。さらに見つけたはいいけれどお相手の想像とかけ離れたあなたを見て会わずに帰ってしまわれたなんてことも。
 
こんなことを防ぐためにもお店の中での待ち合わせがベストといえます。このとき男性の名前で席を予約しておけば間違えることはありません。

 

デート中の会話は戦略的に進めましょう

流れ3
初デートから次の段階に進めるように、デート中の会話では未来につながる話を意識してください。今日の話よりも来週の予定など先の約束につながる話につなげていきます。お相手のことを気に入ったのならなおさら、次も会いたいということを積極的にアピールしていきましょう。
 
「次のお休みは予定があいていますか。」
「今年の夏はどこか行きたい所がありますか。」

 
といった話から、先のデートの約束につなげることができれば、お相手もあなたに魅力を感じている証拠です。

 

別れ際も気を抜かないで

流れ4
初デートでは別れ際も肝心です。そっけない分かれ方ではせっかくの1日が台無しになってしまいます。
 
今日は楽しかったという気持ちを伝えるとともに、今後も会いたいというアピールを忘れずに。ただしタイミングをまちがえたり、強引な態度をとると逆効果になりますので気をつけて下さい。

 
 
 

勘違いしてはいけないのは、お相手はけっしてスキンシップOKのつもりで初デートに応じたのではないということです。マニュアル本や誰かの経験談をもとに無理な夢を見てはいけません。初デートはあくまで次につなげるためのステップです。本当のスキンシップを楽しめるようにこれからのお付き合いをがんばってください。