出会いの方法と申込のやりとり

インターネット結婚相談なら、担当者が介在しない独自のシステムの利用により、24時間いつでも相手とスムーズに連絡を取ることができます。

結婚相談所には様々なタイプがありますが、その中でも利用しやすさではピカイチです。

どうやって出会う?

出会い1

お相手を捜すには、まずネットに公開されたプロフィールを見て、好感を持った方に申し込みを入れ、返事が来るのを待ちます。

一方、申し込みを受けた側は、すぐに返信してもいいですし、プロフィールの情報だけでは判断しかねると思えば、返信を出さずに掲示板などで連絡を取ってみることもできます。申し込んだ相手からOKの返事がもらえれば、連絡先を教えあい、交際が始まることになります。

大手結婚相談所ではパーティーなどを開くケースが多いのですが、このサービスでは、担当者が介在せず、インターネット上で連絡を取り合う形で出会うことになります。

 

申し込みを受けたら?

出会い2申し込んできた人がどうしても生理的にダメな場合や、妥協できない条件がある場合は、お断りするのもやむを得ません。

しかし、プロフィールから判断して特にお断りする理由もなければ、連絡を取ってみましょう。
なお、申し込みをお断りしたい場合も、その旨をきちんと返事しましょう。放っておくのはよくありません。

申し込む時、お受けする時の留意点

決めるのは会ってみてから

出会い3

身上書やプロフィールを見ただけでは、相手について全てを知ったとは言えません。外見にしても、写真の具合で実際と異なったりします。

プロフィールの情報だけでビビッとくることはめったにないのです。そんな偶然を期待するより、実際に会ってみることがよい出会いにつながります

プロフィールはとてもいい感じだったのに、会ってみたらなんだかイメージと違う…。プロフィールを見てもピンと来なかったけど、実際会うと話の合ういい人だった…。どちらのケースも、本当によくある話です。プロフィールだけで判断して、性急にお断りしている人は、自ら出会いを捨てているのかもしれません。

 

お断りされてもくじけずに

出会い4

積極的に活動していたのに、お断りされてガックリきてしまい、もうやる気をなくしてしまった、という人も多いものです。しかし、そこでくじけてはいけません。

断ったり断られたりするのが結婚相談所での出会いというものなのです。多くの人との出会いの中から、たった一人を探し出すために、相談所を利用すればいいのですから。

断られた相手は、最初から縁がなかったと思っていいのです。結婚相談所で活動するならば、そうした心持ちで臨んでいってください。