愚痴メールでチャンスをつかむ

出会いアプリで知り合った女性から、愚痴メールが送られてくるようになったらチャンス到来と考えてもいいでしょう。

仲良くなれたと感じているから、愚痴メールは送られてきます。ここでうまく度量があることをアピールできれば、ぐっと彼女に接近することが可能になるでしょう。

大切なことは以下の三つです。

  1. 親身になって彼女の話を聞くこと
  2. 彼女の気持ちを考えて発言すること
  3. 励ましの言葉をかけること

注意したいのは、たとえその愚痴が我が儘のように感じられても、否定の言葉を口にしてはいけません。

それが正論であっても、言わないでいてあげることが大切です。仕事熱心で生真面目な人だとついついそういうことを言ってしまうかもしれません。ですが、そこはぐっと我慢です。せっかく培ってきた信頼を、棒に振るようなことをしてはいけません。

愚痴メールを送ってきた女性が求めているものは、そういうことではないのです。自分の愚痴を聞いてもらいたい。自分の辛い気持ちに寄り添ってほしい。そんな気持ちが、愚痴メールを送る根底にはあるのです。

親しくなければ反論は逆効果

恋人のように親しい関係にあるのであれば、今後の彼女のために厳しい意見を口にする必要があるかもしれません。

しかし、まだ知り合ったばかりで、相手と会って話したことさえないのなら、たとえ女性のためを思った発言だったとしても逆効果になりかねません。知り合ったばかりの相手に、説教なんかされたくない。そんな気持ちは、男性も同じではないでしょうか。

これは何もメールに限りません。対面して話す時も同様です。お酒が入ると講釈を口にしたくなるのが、男性には多いです。しかし、親しくなるまでは、共感する態度を取った方が、女性の好感度は高いです。

彼女の気持ちに寄り添って、彼女を励ます言葉をかけてあげるのが効果的です。そうして、彼女がストレスを発散できるよう助けてあげることで、チャンスをものにすることができるのです。