メールの最適な長さとはどれほどか

ネットの中で時々、「メールってどれぐらいの長さが良いのか」という質問を目にすることがあります。

これはおそらく、出会いアプリでのメールというよりは恋愛全般でのメールで悩んでいる人によるトピックのようでした。

まず、最近ではLINEをはじめとする、チャット形式のコミュニケーションに慣れている人が多いためか、若年層ほどメール1通あたりの文字数が少ない傾向にあるようにとれます。

ただし、結局のところは人それぞれであり、例えばコミュニケーションを取るのを好む女性は、会話感覚で短いメールを何度もやり取りする傾向があります。この場合、返信が遅れると、テンションが下がりやすいので注意が必要です。

一方、頻繁にやり取りするのを苦手とする女性に関しては、1通のメールに多くの情報を入れ、メールは少ない回数を好んだりします。このようなパターンは、短い淡白なメールを返してしまうとがっかりすると思われます。

男子が女子に合わせることが必要

メールをやり取りするリズムには、やはり個人差というものがあります。そして、男性が女性に合わせてあげることが最も良いと考えられます。

この「合わせる」というのは、女性から送られてくるメールの文字数とほぼ同じ程度のメールを返すことです。こうすれば、女性側も自然なリズムで快適にメールのやり取りができるようになるのです。

とは言っても、時には相手から長文メールが送られてきても、短く返す方が良い場合もあります。例えば男性の場合、メールを短く簡潔にすることで男らしいイメージをもたれることもあります。

要するに、メールは文字数にとらわれ過ぎず、会話の流れやその場の空気を考えてやり取りするのが良いのです。

男性側が思うこと

男性側は、出会いアプリ内でメールのやり取りをすると、料金が発生します。そのため、一言二言みたいな短すぎるメールを何度もやり取りする形は基本的に嫌います。

女性ユーザーの中には、実際に短文メールを多くの人とやり取りすることでポイントを稼ぐ、いわゆるキャッシュバッカーというものが存在します。

そのため、あまりにも短いメールばかり送っていると、このキャッシュバッカーと同じでわざとメール回数を増やしてポイントを稼ぐ魂胆ではないかと疑ったりすることも否定できません。

女性側が、このような部分を気にすることで、男性側もやりやすくなるのです。そして、もしも信用できる男性から、直メやLINEによるやり取りを持ちかけられたなら、前向きに考えてもらえるとそれはとても喜ばしいことです。

また、出会いアプリ内でのやり取りかや直メやLINEのやり取りに変わると、確実にコミュニケーションが活発になります。これにより、男性についてより多くの情報を得ることができるため、女性側にとってもメリットとなります。