知り合いに見つかるのが怖くて婚活・恋活アプリを迷っている人必見!

婚活恋活サイト・アプリを利用している方の中には、絶対に知り合いにバレたくない…と思っている方も多いようです。例えば、友だちの前では意地を張って結婚には興味がないといっているものの、本当は結婚したくて仕方がない…!というような状況で友だちに婚活サイトに登録していることがばれたら恥ずかしいと感じてしまう方もいるはず。

他にも、会社の人に知られたくないなどの理由でできるだけ周りに内緒で婚活恋活サイト・アプリを利用したいと思っている方が多いようです。果たして婚活恋活サイト・アプリを利用すると知り合いにバレてしまうのでしょうか。

婚活恋活サイト・アプリの利用は周りにバレる?

婚活恋活サイト・アプリの利用が周りにバレる理由はいくつかあります。

まず、仲の良い友だちにだけこういった婚活恋活サイトやアプリを利用していることを伝えたものの、その人を通して周りにばれてしまった…というケース。自分自身は信頼できる人だけに話したつもりなのに周囲に噂が広まるとショックですよね。

ばれたくないのであれば仲の良い友だちや家族が相手でも婚活恋活サイトやアプリを利用していることは隠しておいたほうが安心できるでしょう。

他には婚活恋活サイトやアプリに登録してある写真やプロフィールを見られたためにばれてしまったケースもあります。ただ、婚活恋活サイトやアプリ内に登録してある情報というのはインターネット上から検索をかけただけではヒットしません。

つまり、同じ婚活恋活サイトやアプリを利用した上で検索をしなければ見つかる心配はないということ。このあたりは安心ですね。

内緒で婚活恋活サイトやアプリを使うためのポイント

女性の中には、自分の友だちが婚活恋活サイトやアプリに登録していることを疑い、わざわざサイトに登録して検索するような方もいるかもしれません。こういったことを避けるためにおすすめなのが、異性のプロフィールしか閲覧できないタイプの婚活恋活サイトやアプリを利用するということ。

婚活恋活サイトやアプリの中には同性のプロフィールもチェックできるものがあるのですが、そういったものは女性友だちから検索される可能性があるので注意が必要です。異性のプロフィールしかチェックできない婚活恋活サイトやアプリであれば、わざわざ友だちが登録しているかどうか調べるためだけに異性のプロフィールで登録するのは手間ですよね。そういった手間をかけてまで知り合いが婚活恋活サイトやアプリに登録しているか調べている方はかなり少なくなるでしょう。

しかし、もしも異性の知り合いが同じサイトでプロフィールを検索し、「ん?これは…」と見つかることがあるかもしれません。婚活恋活サイト・アプリは真面目に出会いを探す人が利用する方法ということもあり、住んでいる地域や年齢、趣味、職業などで嘘をつかずに登録している方が多いでしょう。だからこそ、特定されやすいともいえます。

この場合、知り合いに見つかる恐れがあり、それを嫌だと感じているのであれば顔写真を登録しないのも一つの方法です。プロフィールや住んでいる地域だけではなかなか個人の特定はできませんが、顔写真が掲載されていれば一発でバレてしまいますよね。顔写真を登録しておいた方が異性の目に留まりやすく、気になる人とめぐり会えるチャンスは増えますが、それでも知り合いに見つかるリスクを下げたい…と感じている方は写真を登録しない方が無難です。

知り合いに見つかるのを避けるためにぼかした写真を使っている方もいます。そのような方法であれば全く写真を掲載しないのに比べると多少イメージは伝わりやすくなるので検討してみましょう。

登録ネームにも注意

多くの婚活サイトやアプリでは本名を公開せずに利用ができます。ニックネームを登録するのが一般的なのですが、この時に本名から想像できるような名前は付けないようにしましょう。

普段呼ばれているあだ名だったり名前に含まれている言葉を使うともしかして…と疑われる可能性があるので、全く関係のないニックネームをつけるように心がけてみてくださいね。

仲の良い友だちにも内緒にする

結婚したい、恋人が欲しいといった話を友だちの中ですることは珍しくありません。ですが、その際に相手を探す方法として婚活恋活サイトやアプリを使用していることを教えてしまうとバレるきっかけに繋がります。

うっかり登録サイトを教えてしまい、検索をかけられて見つかった!といった例もあるので注意しておきましょう。

基本的にバレる心配は少ない

バレる可能性についてご紹介しましたが、自分で利用している婚活サイトなどをうっかりバラしてしまったケースを除き、知り合いに利用しているサイトやアプリがバレてしまう可能性は非常に低いです。

顔写真についても新着会員ならばサイトやアプリのトップページに掲載されることがありますが、そうでない場合は条件を検索してそれに該当する人のものしか表示されないので、見つかるリスクは高くありません。

そもそも、理想的なパートナーを見つけようと動くのは恥ずかしいことでも何でもないので、堂々と胸を張って利用したいですね。
「とても少ない確率で知り合いに見つかってしまうこと」と「知り合いに見つかることを心配するあまりに消極的にしか活動ができずいつまで経ってもパートナーが見つからない」といった二択があった場合、どちらを選ぶかは自分次第です。